二つの“江戸”を同時に楽しめる!こいつぁ、春から縁起が良い~!

※お詫びと訂正 上記フライヤーは既に訂正されたものですが、配布済みのもので英語表記での日程に誤りがありました為、この場をお借りしてお詫び申し上げます。訂正前は、
    21th.Mar.(Mon)-25th.Mar.Thu)と表記されていましたが、正しくは⇒21th.Mar.(Mon)-24th.Mar.Thu)の日程で開催予定です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

【太神楽 上演時間】

時:2016年3月21日(月・祝)~3月24日(木)

○1回目18:00~   ○2回目19:30~

(※『しだれ桜と大名庭園のライトアップ』イベントは3/17~4/3まで開催)

(※雨天の場合は延期、もしくは中止となります)

 

場所:特別名勝・六義園内 滝見茶屋前広場

(JR駒込駅から染井門(ライトアップイベント期間中・開門)まで徒歩1分

 

出演:丸一仙翁 社中

 

主催:仙若(丸一仙翁社中)

共催:六義園

 

協力・ライトデザイン:三田義美(株式会社ライトスタッフ)

AR協力:ウィリング株式会社

宣伝美術:スズキマサミ

 

協賛:あいリレー介護事業グループ

 

助成:アーツカウンシル東京

    (公益財団法人東京都歴史文化財団)

《記録映像》

【特別名勝 六義園(りくぎえん)】とは・・・

元禄に生まれ、社交と饗宴のテーマパークとして発展し、今では都心のオアシスとして多くの来園者が訪れる大名庭園・六義園。春になると一際大きな“しだれ桜”が咲き乱れ、また園内を仄かな灯りで包み込む『しだれ桜と大名庭園のライトアップ』は、独特の幽玄の世界を楽しむことができ、まさに“江戸”にタイムスリップしたかのよう。

 

 

 

 

【江戸太神楽(えどだいかぐら)】とは・・・ 

 江戸時代、大小の屋敷を廻り芸を披露。 1669年には江戸城吹上の庭で将軍家の上覧に供し、発展。1980年東京都民俗無形文化財の指定を受け、現在は十三代家元を丸一仙翁が継承。同一門ではおめでたい獅子舞や、数々の曲芸を、寄席や国内外のイベントで披露するなど幅広く活動中。

 

撮影/加藤孝
撮影/加藤孝
六義園内イベント広場内看板
六義園内イベント広場内看板
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ
撮影/スズキマサミ

《記録写真》